• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 07月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    定休日
  • 2018年 08月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    定休日

49日(四十九日)についての豆知識

四十九日法要の食事「お斎」の料理や会席準備について

お斎の歴史

四十九日法要などの法事の際に振る舞う食事のことをお斎(おとき)と呼びます。歴史的には僧侶がする食事のことを指す言葉でした。しかし、現在では法事や法要で振る舞われる食事全般のことを指す言葉として使用されています。お斎として出される食事は精進料理や会席料理が一般的ですが、現在では仏事用の仕出し弁当を注文し振る舞うことが増えています。

お斎を振る舞う会場

お斎は四十九日法要終了後、故人を偲び参列者への感謝を示すために振る舞われます。昔は自宅で法要を行いそのまま自宅でお斎が振る舞われること一般的でした。しかし、最近では法事専門の会場で四十九日法要を営み、その場で食事を振る舞うことが増えています。その他、お寺で法要を行った後、お斎の場所をホテルや近くのレストラン、料亭などに移し行われることもあります。

施主は四十九日法要の日程を決めた後、早めにお斎を振る舞う会場と食事の手配をすることが必要になります。僧侶への連絡も早めに行いましょう。出席をお願いする親族や知人への案内状を用意し、出欠が分かり次第会場に参加人数を伝えてください。

料理の内容

お斎として出される食事は、一人分がはっきりと分かれているお弁当や仕出し膳が好まれます。静かに故人を偲ぶ場のため、騒がしくなりがちな立食形式や取り分ける会食料理は避けた方が無難です。

お斎の献立は、僧侶の食事であったという歴史から肉や魚が使われないものでした。しかし法要後の食事という意味に変わってからは、比較的献立の内容も自由になっています。ただし、献立の中に鯛や伊勢海老などおめでたい席の料理が入らないよう、注文する際にはあらかじめ四十九日法要の会食であることを伝えましょう。予算は3,000円から10,000円程度が相場です。地方や慣習によっては異なるため、身近に相談できる人がいる場合は事前に確認しておきましょう。

お斎の流れ

【1】施主による始まりの挨拶 四十九日法要の参列者一同がお斎の会場に着席した後、施主の挨拶を行います。挨拶の内容には四十九日法要にご参列いただいたお礼、故人に対する思い、そして用意した食事を勧める言葉を入れましょう。

【2】献杯の挨拶 席上の年長者や故人と親しかった方、僧侶などに献杯の挨拶を行っていただきます。献杯の挨拶をお願いする場合は当日に依頼するのではなく、事前に献杯の挨拶をお願いしたい旨を連絡しましょう。また、献杯の挨拶を施主が行うこともあるようです。

【3】献杯・合掌・黙祷 献杯とは「敬意を表すために杯をささげる」ことです。献杯者の紹介をした後、参列者の杯に飲み物を注ぎます。献杯の挨拶者の音頭に合わせ静かに献杯の唱和を行い、杯を軽くささげます。献杯の際、杯を鳴り合わせることはマナーに反するため、注意してください。その後合掌、黙祷を行い食事になります。

【4】会食 黙祷を終了する際には施主から「ありがとうございました。」と声を掛けます。その際に「どうぞお食事をお召し上がりください。」など食事を勧める一言を入れましょう。
会食中は故人の思い出話などをしながら、静かに食事をいただくことが好ましいです。お酒も振る舞われますが、飲みすぎには注意してください。

【5】引き出物を渡す 会食のお開きが近づいてきたら、四十九日法要とお斎にご参列いただいた方々へ引き出物をお渡しします。まずは僧侶にお渡しし、その他の参列者の方に声を掛けながら膳の脇やテーブルの下に置きましょう。参列者の人数が多く配ることが困難な場合は、あらかじめ席に引き出物を置いておくこともあります。

【6】施主による終わりの挨拶 最後は施主がお礼の言葉を述べ、終了となります。時間は2時間程度を目安にしましょう。
以上が一般的なお斎の流れですが、地方や慣習によって異なるため注意してください。

お斎の会場での席順

お斎の会場にも上座と下座があります。まず、僧侶の方が上座の主席に座ります。次は出席していただいた親族の方が年長者順に上座に座ります。続いて座る人は、特に故人と親しかった友人です。施主と家族は一番下座になります。ただし、僧侶をもてなすため、施主が僧侶の隣に座る場合もあります。

おわりに

仏式では初七日の法要の次に大切な法要が四十九日法要です。忌明けとなるこの日に、故人と近い関係にあった人達を招き、法要を営みお斎を振る舞います。故人の思い出話をすることは、自分の生き方を見つめ直す良い機会になるでしょう。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP