• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 07月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    今日
    定休日
  • 2018年 08月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    定休日

49日(四十九日)についての豆知識

「忌明け」「七七日忌」「満中陰」「大練忌」、四十九日法要の別名とは

重要な「四十九日法要」

亡くなってからの四十九日間、故人の魂はこの世とあの世の間をさまよっています。極楽浄土へ行けるか判定する最後の裁きを受ける四十九日目まで、残された遺族は故人の魂が無事に成仏できるよう七日ごとに法要を行います。地域によっては四十九日の間は玄関などに「忌中(きちゅう)」と書いた札を出し、社会的なお付き合いなどを避ける風習もあります。
また、昔は四十九日の間、遺族も精進料理のみを食べるなどの風習もありました。しかし、現在では葬儀の後飾りの祭壇を設け、お花やお茶、お菓子などを供えて四十九日間供養を行うことが一般的です。

四十九日法要の別名

四十九日法要には「忌明け」、「七七日忌」、「満中陰」、「大練忌」という別名があります。ここでは、四十九日法要の別名の意味をご紹介します。

【1】「忌明け(きあけ)」 故人が亡くなってからの四十九日間、遺族は故人の喪に服し忌み慎みます。この期間を一般的に「忌中(きちゅう)」と呼びます。四十九日が過ぎることにより忌中が終わると考えられ、慎んだ生活を送っていた遺族は普段通りの生活に戻ります。忌中が終わることを「忌明け(きあけ)」と呼ぶことから、忌明け法要と呼ばれるようになりました。

【2】「七七日忌(なななぬかき・しちしちにちき)」 命日を起点に、七日ごとの日を「忌日(きにち・きじつ)」と呼びます。最初の忌日を「初七日(しょなのか)」、次を「二七日(ふたなのか)」、その次を「三七日(みなのか)」……、と順番に数えます。四十九日目の忌日を「七七日(なななぬか・しちしちにち)」と数えることから、四十九日法要は七七日忌とも呼ばれています。

【3】「満中陰(まんちゅういん)」 四十九日の期間は「中陰(ちゅういん)」と呼ばれます。四十九日目に、この中陰の期間が満ちることから、満中陰法要とも呼ばれます。

【4】「大練忌(だいれんき)」 四十九日は、「大きい」と「練習」や「熟練」の「錬」と書き「大練忌(だいれんき)」とも呼ばれます。これは故人のいなくなった時間の過ごし方を大いに練習しました、ということを意味します。しっかり練習できていない場合は、未練が残るのです。未練が残らないよう、四十九日間こころを込めて供養し、大練忌を迎えましょう。

四十九日法要について

ここでは四十九日法要について簡単にご紹介します。まず、四十九日法要を営む際には、日程を菩提寺と相談して決める必要があります。もちろん、故人が亡くなってから四十九日目がもっとも法要にふさわしい日程です。しかし、現代では参列者の集まりやすさを考え、四十九日が平日に当たる場合は土日に営むことが一般的になっています。土日にするため四十九日目に法要を行わない場合は、四十九日目よりも前の土日に行いましょう。四十九日法要に限らず、法要を忌日過ぎに営むことはよくないことであるとされています。
また、四十九日法要を三月にわたって行うことも「三月跨」として敬遠される風習があるため、開催日程はよく考慮してから決定しましょう。

四十九日法要には、本位牌、仏壇、そして菩提寺への御布施・御車料などを用意します。御布施は30,000〜50,000円、御車料は5,000〜10,000円が一般的な相場とされています。
そして、四十九日を迎えるにあたり大切なものが香典返しです。香典返しは、葬儀・葬式に御参列いただいた方に、そのお礼と無事忌明けを迎えられた報告を行う大切なしきたりです。最近では、カタログギフトが香典返しの品として人気を集めています。四十九日を迎えたら、御礼状、挨拶状に品物を添えてお送りしましょう。

おわりに

四十九日法要は、故人を供養する大切な行事ですが、同時に残された遺族が気持ちの整理を付ける期間でもあります。故人を偲び、祈ることはもちろん、残された方々が前を向いて生きていくことが最大の供養でもあります。そのような気持ちを忘れず、四十九日法要を行いましょう。
また、四十九日間だけでなくその後の供養やお供えなども怠らないよう、故人を長く偲んでいくことも大切なことです。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP