休業バナー


  • カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 12月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31      
    定休日
  • 2019年 01月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31   
    定休日

49日(四十九日)についての豆知識

四十九日法要当日の引き出物(粗供養)の相場と種類

法要の準備は悩むことが多いもの

仏教においては、人が亡くなった後七日ごとに法事・法要を行います。昨今では法事の簡略化が進み、初七日も葬儀当日に併せて行うことが珍しくありません。しかし、四十九日の法要は忌中の最後の日でもある重要な儀式のため、親族や故人との縁がある人が集まって行われることが一般的です。

四十九日の法要には、葬儀と同じく相応のマナーがあります。法要を開く施主の立場となると日程や場所の設定、親戚などの参列者への案内や料理の手配など、様々な準備と手配が必要となります。その手配内容も気配りが必要なものが多くとても大変です。
手配の参考にしていただけるよう四十九日法要に参列していただいた方への引き出物、いわゆる粗供養について、意外に知られていない決まりや相場などをご紹介していきます。

引き出物(粗供養)の体裁は?

四十九日の法要にご参列頂き、故人への哀悼を頂いた方々へ失礼の無いよう、まずは粗供養品の体裁を理解しましょう。
掛け紙の表書きは「志」または「粗供養」とするのが一般的です。また、神式では「偲び草」と書きますが、いずれにしても厳格に決められている訳ではないので、「志」の表書きと、掛け紙の下部に葬家の苗字を記入すれば良いでしょう。
水引は黒と白の結び切りが一般的です。

引き出物(粗供養)の相場は?

次に、粗供養の価格相場について紹介していきます。
香典返しの場合、一般的な相場は「半返し」と言われていますが、四十九日の法要当日に持ち帰っていただく粗供養品には、そのような目安となるものが慣習的にある訳ではありません。
そのため、四十九日法要の際に設ける御接待の予算から粗供養品に割り当てる金額を算出すると良いでしょう。当日の食事代と飲み物代に加え、粗供養品を加えた総額で一人あたりの御接待に使える予算を決めれば、おおよその額が決まることになります。

御接待の予算の中で最も金額に幅があるのが食事代です。このお食事代はおよそ¥4,000〜¥10,000までの間でメニューが用意されていることが多いようです。
例えば、一人あたりの御接待の予算を¥10,000として、御食事代を¥5,000、さらに飲み物代を一人あたり¥2,000程度と見積もると、粗供養品に充てることのできる金額は¥3,000ということになります。
粗供養品に使われるものとして一般的なのものが、お菓子の詰め合わせや御茶・コーヒーなどの詰め合わせです。それら一般的な粗供養品の中身を考えると、¥3,000〜¥5,000の予算があれば充分な物を贈ることができます。

また、法要の際に会食の席を設けない場合は、粗供養品に掛ける予算を増やすか、お食事に相当する額の「粗飯料」を粗供養品に付けくわえてお渡しするのが礼儀です。粗飯料は現金ではなく、商品券などでお渡しするようにします。

引き出物(粗供養)には何を選ぶ?

粗供養品に掛ける予算が決まれば、後は品物選びです。祖供養品として最も一般的かつ無難なものは、やはり実用品として使える物でしょう。先述しましたが、お茶やコーヒーなどの詰め合わせやタオルセットなどが一般的なようです。
お菓子の詰め合わせも人気ですが、賞味期限には充分に気をつけて選ぶ必要があります。粗供養品などギフト用として用意されているお菓子類には賞味期限の短い生菓子などはほとんどありませんが、やはり日持ちのするものを選ぶ方が無難です。

他にも、広く利用していただけるものとして、食用油や調味料などの詰め合わせや洗剤などの日用品も人気です。ただし、これらの品物は高額で中身の多いものを選ぶと、持ち運びが重くかさばることになります。
参列者の多くが自家用車でしたら問題ありませんが、法要に来られる方は御年配の方もおられます。また、電車など公共交通機関でいらっしゃる方もいるので、持ち帰りに不便ではないかという点も配慮が必要です。

おわりに

四十九日の法要の段取りそのものを、通夜葬儀の際に利用した葬儀会社に一括して任せるケースも少なくありません。葬儀会社の方へ予算を伝えておけば適当な物を用意してくれるものですが、粗供養品一つといえども、やはり故人が生前お世話になった方々へのお礼の気持ちを持って選びたいものです。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP