• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 07月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    定休日
  • 2018年 08月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    定休日

49日(四十九日)についての豆知識

四十九日法要の開始とお礼の喪主挨拶例文

四十九日法要開始の喪主挨拶のポイント

四十九日法要を喪主として執り行う際、喪主は集まったみなさまへ挨拶をすることになります。四十九日法要の場に集まる方々は、故人と親交が深い方ばかりです。丁重にもてなすためにも、挨拶には一字一句気を使いましょう。

挨拶の際は、まず故人を惜しむためにお集まりくださったみなさまに対し、四十九日法要にご参列いただいたことへの感謝の意を伝えましょう。
次に、四十九日法要の流れを簡潔に説明してください。参列者の人数が多い場合は、あらかじめ焼香の順番を決めておくことにより円滑に法要を進めることができます。
続いて、故人について話をします。悲しい場の空気を和らげるような言葉を織り込み、ご参列いただいた方々の心が少しでも安らぐよう喪主として配慮するとよいでしょう。
故人のことを少し話し、亡くなった方を十分に惜しんだ後は、四十九日法要の開始をみなさまに伝えます。
挨拶終了後は、参列者へ深くおじぎをし、読経を行ってくれる僧侶の方にも、「??では、よろしくお願いします。」と一言添えつつ一礼をしましょう。

四十九日法要開始の喪主挨拶例文

【1】始まりの言葉の例 本日はご多用中にも関わらず、△△(父、または母などの喪主との関係)の○○(故人の名前)の四十九日法要にご列席下さり、誠にありがとうございます。葬儀の際、みなさまには並々ならぬお世話を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。

【2】法要の流れを伝える言葉の例 この挨拶の後に、○○の四十九日法要を開始したいと思います。読経が始まりましたら、順番にご焼香をお願いいたします。

【3】故人に関することを述べる言葉の例 ○○は、生前からにぎやかなことが好きな人でした。このようにみなさまにお集まりいただき、さぞ喜んでいることかと思います。

【4】締めの言葉の例 それでは、これより○○の四十九日法要を執り行いたいと思います。みなさま、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

四十九日法要終了後の喪主挨拶のポイント

読経と焼香を滞りなく終えた後は、法要にご参列いただいたみなさまに四十九日法要の終了を告げる中締めの挨拶をします。これは、法要がつつがなく終了したことと会食へのご案内をする挨拶です。会食が無い場合は、この挨拶が最後の締めの挨拶になります。今回は会食を用意しているケースにおける喪主の挨拶例文をご紹介します。

まずは、四十九日法要にご参列いただいた感謝を改めてみなさまへ伝えましょう。次に、法要後の会食の案内を行います。会食場所に移動する必要がある場合は、移動手段や乗り場についての説明を忘れないようにしてください。最後に、短く締めの挨拶をしましょう。

四十九日法要終了後の喪主挨拶例文

【1】始まりの言葉の例 本日はご多用中にも関わらず、お集まり頂きましてありがとうございました。おかげさまで○○(故人の名前)の四十九日法要も、無事に終えることができました。生前大変お世話になりましたみなさまにお集まりいただき、○○も喜んでいると思います。

【2】会食を伝える言葉の例 ささやかではございますが、この後に、供養のお席をご用意いたしております。故人を偲びなから、ゆっくりとお過ごしいただけたら幸いです。会場にはバスで移動する予定でございます。法要が終了しましたら、××駐車場にお集まりください。

【3】締めの言葉の例 みなさま、本日は本当にありがとうございました。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

おわりに

この後の会食後や後々の年忌など、喪主は度々挨拶をすることになります。上記の例文を喪主挨拶のテンプレートとして覚えておきましょう。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP