• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 02月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28    
    定休日
  • 2018年 03月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

ご逝去から49日(四十九日)までの豆知識

遺品の形見分けをおこなう時期とトラブルを避けるためのマナー

形見分けとは

形見分けは、親族や故人と親交の深かった人などに遺品を贈ることです。
形見分けにはいくつかルールがあります。行う時期が決まっており、贈る品にも注意が必要です。遺品によってはトラブルが生じる原因となるため、知識を得てから形見分けを行いましょう。ここでは、形見分けの際に気をつけたいポイントやルールをご紹介します。

形見分けを行う時期

形見分けは、亡くなってから30?49日頃に行うことが一般的です。49日の忌明けが近づいた頃、故人の愛用品、衣服、装飾品などを整理し、忌明け後に形見分けとして親族や故人と親交の深かった人などに遺品をお渡しします。ただし、宗派により形見分けをする時期が異なる場合があります。

【1】仏式 「仏式」の場合は49日経過後に形見分けを行うことが通例です。忌中は故人を偲ぶ意識が強い時期であるため、形見分けはしない方がよいとされています。

【2】神式 「神式」の場合は50日経過後に形見分けを行うことが一般的です。仏式同様、忌明け後に形見分けをします。

【3】キリスト教 「キリスト教」の場合は30日経過後に形見分けを行います。キリスト教に形見分けという習慣はありませんが、日本では没後30日目の召天記念日の後に行われる場合が多いです。

形見分けをする際の注意点

【1】目上の人には贈らない 形見分けをする際は、目上の人には贈らないことがマナーです。形見分けは目上の人から目下の人へ贈ることが基本ルールになります。目上の人に贈る場合は、本人の希望があった場合のみにしましょう。

【2】遺品を包装しない 遺品を包装しないことも形見分けマナーの1つです。箱に入れたり包装したりすることは避けましょう。プレゼントとは異なるため、贈る際は半紙などの白い紙で包む程度が望ましいです。

【3】高価なものを贈らない 高価すぎるものを贈らないことも礼儀です。高級品は相続財産という扱いになる可能性があり、贈与税が発生することがあります。また、形見の品の価値が大きく異なる場合、受け取り手に不満が出る可能性もあるため、価値がありそうなものは避けた方が無難です。

形見分けの品は、受け取り手が喜ぶものを

形見分けは受け取る側が嬉しいと思えるものを贈ることが大切です。形見の品は選択が難しいこともあると思いますが、受け取る側に縁のあるものを選びましょう。ここでは、一般的に贈られている品物の例を挙げていきます。

【1】実用品 腕時計やかばん、万年筆などの故人の愛用品を形見分けの品として選ぶ人は多いです。高価すぎないカメラや装飾品を渡す場合もあります。

【2】衣類 洋服や着物は、故人の面影を思い出す品物として選ばれやすい傾向があります。髪飾りなども同様の理由で贈ることがあります。衣類は贈る前にクリーニングに出しておきましょう。

【3】蒐集品 故人が趣味として収集していたものや道具なども、形見分けの際に選ばれることが多いです。本や絵画をはじめとして、囲碁や将棋、釣り具などを贈ります。

形見分けのトラブルと回避方法

形見分けでもっとも注意したいことが、相続トラブルです。特に、形見分けはお金が絡むトラブルが発生することがあります。例えば、故人との関係性がわからない人から、換金性の高い品を要求されることが考えられます。また、相続手続きが終わった後に出費がかさむ事態が生じた場合、遺産分配に関する不満が出るケースもあります。

これらの相続トラブルを未然に防ぐためには、早い段階で形見分けの準備をすることが大切です。遺品を換金できるもの、形見分けに使用するもの、処分するものに分類し、鑑定してもらったり、見積もりを出してもらったりしておきます。金額の証拠となるものがある場合、遺品相続について揉めることが少ないです。遺品整理を専門業者に依頼することもトラブルを避ける方法の1つになります。形見分けをする場合は親族などに事前に相談し、許可を得ておきましょう。

おわりに

大切な人が亡くなった後は、悲しくて形見分けのことまで考えられない人は多いと思います。しかし、故人をいつまでも忘れないためにも親族や故人と親交の深かった人には形見分けをしてあげましょう。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP