• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 02月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28    
    定休日
  • 2018年 03月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

49日(四十九日)についての豆知識

四十九日法要の案内状の書き方や注意点と例文

案内状の目的

案内状は誰の法要であるか、どんな法要であるのかを知らせる重要なものです。
親族だけの内輪で行う法要の場合は電話で案内することもありますが、形に残して確実に伝えるために、現代でも案内状を送るのが一般的です。

では、案内状はどのようにして書けば良いのでしょうか。書くべき内容や例文、案内状を書く上で注意したい点についてまとめてみました。

案内状に書く内容

まずは、誰の何日目の法要かを伝えることから始まります。
故人の氏名、施主の氏名、四十九日の法要を行うという旨を記載します。また四十九日の法要をいつ、どこで行うのかを記載し、法要が終わったあとで会食がある場合はその案内も記載します。四十九日の法要は本来であれば亡くなってから四十九日目に行うものとされていますが、参列者や親族の仕事など様々な都合を考慮して、その直前の土日に行うことが最近では増えてきています。

四十九日の法要では、読経や会食を行う他にも、お墓参りや卒塔婆供養・納骨を行う場合があります。通常の四十九日で行うものは法要・会食・納骨ですが、墓地が遠方にある場合には法要と会食のみを行い納骨は後日遺族だけで行うこともあります。以上の中で当日に何を行うのかを案内状に記載します。

法要を行う会場の準備や料理などの手配があるため、案内状に出欠確認を記載することも忘れてはいけません。返信用はがきを同封するか往復はがきを使用します。法人が営む場合など大規模なものとなる際には、会場までの地図なども同封するとより親切でしょう。

例文を見てみる

実際に案内状の例を挙げてみましょう。
「拝啓 ○○の候(○○には季語が入ります) ますますご健勝のことと存じ上げます」、などの挨拶文から入り、前述した記入事項を記入して「敬具」で結びます。

他には、「拝啓 ○○の候 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」と挨拶し、「このたび○月○日の日程にて○○(故人の名前)の四十九日法要を営むことに相成りました」とどのような法要かを明記します。その後、「つきましてはご多忙中まことに恐縮ではございますがご参会賜りますようご案内申し上げます」と締めます。

会食がある場合は、「なお法要後は供養の粗宴をご用意いたしております」と記載します。最後に「何日までにご返信ください」と加えると、返信してもらいやすくなります。

案内状を書く上で注意する点

法事の案内状を作成するにあたって、2点注意すべき点があります。
まず、四十九日の法要の案内状などお悔やみごとの案内状や、遺族が出すお礼状には、「、」や「。」といった句読点は使わないことになっています。毛筆の書状には句読点が使われるという習慣がなかったため、今日に至るまでそのような形式が残った結果であるという背景や、法要や葬儀が何事もなく滞りなく流れ、つつがなく終わるようにという願いを込め、文章を途中で区切る句読点を使用しないという理由が挙げられます。

また、案内状を送る時は封筒に入れて送る場合が多いですが、使用する封筒は二重封筒以外のものを選びます。二重封筒は不幸が重なるとされているので、白い無地の封筒を用いることが多いです。最近では略式で封筒を使わずに往復ハガキを使う場合も増えています。

おわりに

来世の行き先が決まる重要な日が四十九日であり、故人の成仏を願い故人が極楽浄土に行けるようにと法要を行います。故人の死後の世界を大きく左右するとされている四十九日ですので、マナーを守って心のこもった案内状を作り、当日故人を偲ぶことが最大の供養となります。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP