• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 02月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28    
    定休日
  • 2018年 03月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

香典返しに関する豆知識

会葬御礼と香典返しの違いと香典の当日返し(即日返し)

いざという時の知識として

社会人になると冠婚葬祭や各種法事などに訪れる機会が増えます。そのなかでもお葬式は弔問客として訪れるだけでなく、歳を重ね自分がお葬式を行う立場になることもあります。そこで今回はお葬式用語の「会葬御礼」と「香典返し」、そして香典返しの「即日返し」についてご説明します。

会葬御礼

会葬御礼とは、忙しい時間を割き通夜や告別式に訪れてくださった弔問客へのお礼として、ご焼香の後に礼状と一緒にお渡しするものです。
ハンカチやお茶、のりなどの500円〜1,000円程度の品を用意し、清めの塩と「御会葬御礼」の挨拶状を添えてお渡しします。通夜や告別式に参列していただいたことへの感謝を表すもののため、香典の有無に関わらず全ての弔問客へご用意します。

香典返し

香典返しは、香典をいただいた方に対するお礼としてお渡しするものです。
香典とは、線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、現金を香典袋(不祝儀袋)に包みます。通夜、あるいは葬儀の際に遺族に手渡され、金額は故人との関わりの深さによって変わります。

香典返しの品は、不祝儀のお返しのため、なるべくお茶やお菓子、洗剤など後に残らない消耗品が良いとされています。また、宗教的な理由から肉や魚は避けられることが多く、お祝いごとによく用いられるお酒は不向きとされています。食品でない場合、タオル・ハンカチや食器などの実用品も好まれています。
最近では受け取る側が自由に品物を選ぶことができる「カタログギフト」を贈る方が増えています。食品や実用品だけではなく、乗馬や工房体験など趣味に関する体験や温泉旅行なども贈ることができるため、多くの方に利用されています。

香典返しの金額の目安は「半返し」と言われており、いただいた香典の半額にするとよいとされています。しかし、高額の香典をいただいた際はこの限りではありません。高額の香典は故人や葬家への扶助の気持ちであるため、ご厚意を受け取り3分の1程度のお返しをすることもあるようです。香典返しを贈る際には、ご挨拶状をお添えしましょう。

香典を連名でいただく、あるいは香典返しを辞退される場合があることも覚えておく必要があります。連名の方への香典返しは、それぞれいただいた方のご住所へ品物と礼状を直送するか、代表者の方にお渡しします。「社員一同」など、会社の職場の方たちであれば、特にひとりひとりお送りする必要はありません。忌明けの初出社時に香典返しを持参し、丁寧にお礼を伝えるとよいでしょう。
香典返しを辞退される方は、葬家へ配慮し、生活費やお子様の学費に充てて欲しいという気遣いによるものです。感謝を込め素直にお気持ちを頂戴し、後日礼状をお送りします。

香典返しの「即日返し」

香典返しには「即日返し」と「忌明け返し」の二種類があります。
一般的には、四十九日の忌明けが過ぎたあとに贈る「忌明け返し」が通例ですが、お葬式の当日にお渡しする「即日返し」も全国的に見られるようになりました。忌明けは忙しくなることが多く、渡し損じを防ぐためといわれています。また、葬家にかかる発送などの負担を減らすという理由もあります。

葬儀の当日にお返しをするため、香典の金額別に個別にお返しを用意することはできません。いただいた方全てに同じ品物をお渡しすることになります。香典を多くいただいた方にはあらためて忌明け過ぎにお礼の品を用意した方がよいでしょう。

おわりに

混同しやすい会葬御礼と香典返しの違いをご説明しました。葬儀のマナーはきちんと理解を深め、いざという時に備えておくことが大切です。気持ちをしっかり落ち着けるためにも、事前にしっかりとした知識を身につけておきましょう。

※葬祭にまつわる仕来りやマナーには様々な考え方や地域の特性があり、
 こちらで紹介している項目が必ず正しいというものではございませんのでご注意ください。

関連記事


Gift Japan

ページTOP