• カタログギフト
  • 30%OFF特集
  • 挨拶状・のし・包装
  • 条件クリアで送料無料
  • 資料請求が大人気
  • 動画を見る
  • ハイグレードカタログギフト
  • 人気商品30%OFF
  • 資料請求が人気!
  • 挨拶状・のし・包装紙
  • 条件クリアで送料無料
  • 2018年 02月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28    
    定休日
  • 2018年 03月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    定休日

香典返しのマナー

香典返しの時期と期間

香典返しは「故人に関する弔事が滞りなく終わりました」というご報告と、お礼の意味をかねたものとして、忌明けの後にお届け致します。(地域により異なる場合がございます。)

仏式
七七日忌(四十九日)の法要をもって忌明けを迎え、忌が明けるということから、忌明け直後に、供物、供花、香典を頂いた方全員に、無事忌明けを迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げで五七忌(三十五日)をもって忌明けの法要を行うところもあります。
神式
一般的に、50日目の霊前祭(50日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その直後にお礼の品を贈ります。なお、仏式同様に、3ヶ月に渡る場合は、切り上げて30日祭でも良いとされています。
キリスト教式
本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。仏教でいう忌明けは、カトリックでは、30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念会となり、その直後に記念の品を贈ります。

香典返しの名簿整理

ご弔問者のお名前、ご住所、電話番号及びお香典額の正誤を確認し、お香典額別に分類して記帳されますと、お品選びのときに大変便利です。

香典返しのご予算

名簿の整理ができましたら、まずご予算をお決め下さい。
一般的には、いただいたお香典の「半返し」が一応の目安とされていますが、
亡くなられた方の社会的地位やご家庭でのお立場、土地の習慣などによって異なる場合がございます。

ご返礼品選びについて

お香典返しには、よく実用品で配送中に壊れたりしないタオル、寝具など繊維製品が使われております。また先様がお好きな品を選ぶことが出来るカタログギフトも好評です。お届先も多いことですのでご予算別にお品物を揃えられるのも、一つの方法かと思われます。

挨拶状について

本来、お香典返しの品物は、一軒一軒お持ちして御挨拶を述べるものとされてきました。
しかし今では専門店から直接先様に配送する方法が一般的なため、品物にご挨拶状を付けて贈るようになりました。
ご挨拶状の文面は宗教や地域によって異なります。
挨拶状サンプルページをご覧下さいませ。

その他の法事・法要

法事・法要はしきたりなど決まりごとがわからない場合が多いとおもいます。基本的なことだけでもおさえておきたいものです。(地域により異なる場合がございます)

新盆

忌明け後に初めて迎えるお盆になりますので、身内や親しい方を招いて盛大に行われます。この時期、親戚が新盆提灯を贈る習慣がありますが、1週間くらい前には届くようにしましょう。また新盆に招かれたときには、仏壇に供える供物を持参します。

彼岸

春秋の彼岸に、新仏のある家では仏壇に供物やお花を供え、僧侶を招き読経してもらい、お墓参りをします。家族やごく親しい間柄での供養なので、招かれた時だけ供物を持参します。

年忌法要

亡くなった次の年の祥月命日に一周忌、その翌年に三回忌、以下、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌、それい以降は50年目ごとに法要を営みます。一般的には、一周忌は盛大に多くの人を招きますが、三回忌以降は、関係が深い方だけを招きます。招待された時は、当日に供物か供物料を持参します。

香典返しのマナーのページでは宗教別のしきたりなどをご紹介いたしました。
香典返しはマナーやしきたりなど戸惑われることが多いと思います。
ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページTOP